メインコンテンツ
リンクメニュー
個別のブログへ
サイト内検索

おすすめ














りんゆうブログ - travelさんのエントリ

5月20日から「世界遺産の屋久島ネイチャートレッキング」ということで、お客様7名でツアー

にいってきました。1ヶ月に35日雨が降るといわれる屋久島で、登山二日間とも天候に恵まれ

最南端の日本百名山でもあり、九州最高峰の宮之浦岳山行を楽しむことができました。

登り5時間半の山道ですが、途中いたるところにあるヤクシマシャクナゲが我々の

疲れを癒してくれました。

今年は、宮之浦岳〜平石のあたりのシャクナゲが見事でした。

上記写真はシャクナゲと永田岳です。

今回は新高塚小屋へ宿泊しての縦走でした。皆さん大きな荷物を背負って小屋へ向かいます。

新高塚小屋に1泊し1時間ほど歩くと縄文杉に到着です。

縦走だと小屋どまりのお客様しかいないのでゆったりとした雰囲気で

荘厳な縄文杉を楽しむことができます。

上記はウィルソン株です。その他、登山道上に大王杉・夫婦杉など樹齢1000年を超えた

屋久杉がいたるところに出てきて私たちの目を楽しませてくれました。

最終日は残念ながら雨になってしまいましたが大川の滝など

屋久島観光をしてもどってきました。屋久島の自然に大いに触れた

4日間となりました。

このツアーは10月28日(水)出発で秋にツアーの予定が組まれております。

これを機会に世界遺産屋久島の自然に触れてみませんか?

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 りんゆう観光 白石 真介

 

先週末から肌寒い日が続いておりますが、元気に山歩きを楽しんできましたよ〜☆

新緑が美しい季節になってきましたね(^_-)v個人的には一番好きな季節です!

馬追名水登山口から、ぐるっと縦走する形で馬追丘陵をご案内しました。

森林浴にはもってこいのコースで、今年は雪融けが早く山野草の開花状況が懸念されましたが

約9kmの登山道を色とりどりのお花たちが出迎えてくれ、充実した一日となりました!

お花を愛でながらのんびり歩き、下山後には温泉で汗を流して帰札いたしました。

これから訪れる本格的な夏山シーズンに向けて、りんゆうツアーで足慣らししませんか?

この後のおすすめツアーをいくつかご紹介させていただきます(*^。^*)

�05月29日発:「定山渓夕日岳ハイキングと森の謌ランチバイキング」

�06月14日発:「登山入門 写万部山登山とイチゴ狩り」

�06月26日発:「森林インストラクターと歩く、藻岩山ハイキングと山頂レストラン」

お申込みはお早めに!!!皆様のご参加、お待ちしております♪♪

旅行業:myk

 

めっきり春らしくなってきた北海道ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか??

先日、丹沢と高尾山へお客様をご案内してきましたが、麓は夏日を記録する暖かな陽気で、

半袖で歩く方もいるほど!一足早く桜も愛でることができました^^♪

行程通りであれば山の上で暴風雨に当たるところでしたが、出発前に行程を入れ替え

何とか雨に当たらず、また最終日は上記のような美しい富士山を拝むことができました☆

羽田空港到着後、まずは言わずと知れた高尾山へ。ケーブルカーに乗り霞台駅を目指します。

窓越しに映る新緑が何とも美しく色鮮やか!画になりますね〜(#^.^#)

準備体操をしていよいよ登山スタート。シーズン初めとあってまずはゆっくり足慣らし。

高尾山、城山を通り千木良へ。縦走を目当てにご参加されたお客様もいました。

城山山頂付近では色とりどりの花桃が見頃を迎えていました!

千木良の町並み。北海道ではこういった里山風景はあまり見られないですよね…。

翌日は休息日で一日観光。満開を迎えていた七沢森林公園のシャクナゲ園へ=3=3

女性のお客様が多く、お喜びいただけました(急な思いつきでご案内しましたが…ホッ・笑)

さぁ、長い長い縦走の始まりです。「エイエイオー!!」心の中で叫びました…(笑)

起点の東野バス停から2km歩き、丹沢山塊最高峰の蛭ヶ岳まではさらに8km、

その先約1時間ほどで本日の山上ホテル、尊仏山荘さんに到着です…。。。

標高差1,000mの長い登りに耐え、姫次からは雲も取れて目指す蛭ヶ岳が姿を現してくれました!

ここから快適な縦走路、といきたいところですが、アップダウンを繰り返してさらに標高差400m

稼いで丹沢山山頂へ。なかなか楽をさせてくれないところが丹沢縦走の良いところ…かな??

スミレの花を発見!よく見ると北海道のものとは違い葉が細長いですね〜。

最終日は尊仏山荘さんからの御来光で一日が始まります。山上泊の醍醐味ですね(^_-)

この先も下り一辺倒ではなく、行者ヶ岳付近ではこんな危険箇所もあります。慎重に…。

三ノ塔への顕著な登り返しを終えると、あとはひたすらヤビツ峠までの下りです。

最後に山桜が別れを惜しむかのようにお見送りしてくれました♪♪

結果的に行程を変更して大正解!の山旅となりました。ご参加いただいた皆様にも感謝☆

このブログを見て、「そろそろ山に行こうかな〜」に思っていただけたら幸いです(笑)

山の上はぐんぐん融雪も進んでいますので、この先はぐっと季節が進みそうですね!

満席のツアーも多数ございますので、お申込みはお早めにどうぞ!!!

旅行業:myk

4月23日から3日間、「歴史道ウォーキング・世界遺産の熊野古道・伊勢路を訪ねて」と

いう事で、お客様16名様をご案内して参りました。上の写真は馬越公園展望台から見た

尾鷲市の風景です。

熊野古道は中辺路・小辺路・奥駈とりんゆう観光で催行しておりましたが伊勢路は

今回が初企画。上記3つと比べると街に近い場所を歩きそれほどハードではない

道が多いのが特徴です。今回の道も石畳の道がきれいに整備されておりました。

北海道の山はまだまだ雪の多い時期ですが、新緑の映える中、天気にも恵まれて

よいハイキングとなりました。

それでも標高差600mくらいの登山です。まだ、夏山に慣れていない体には少しきつい

印象をもったかもしれませんね、

それでも現地のガイドさんのお話を聞きながらのハイキングでしたので楽しみながら

古き良き道を楽しむことができました。

いよいよ夏山シーズン到来です。今年の目標の山は皆様お決まりでしょうか?

体調を整えられてこれからの山行を楽しみましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

            りんゆう観光 白石 真介

スリランカ、文化三角地帯周遊

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
travel 2015-3-3 19:02

 

 

今日の札幌は春めいた陽気でしたが、明日からまた天気が崩れるようです。なんだか落ち着かない天気の北海道ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、先週、お客様とスリランカに行ってきました。最近テレビ番組などでも取り上げられることが多くなってきましたが、古くはセイロン島といい、イギリスの植民地でしたが、現在は独立した国となっています。

仏教、ヒンドゥー教、イスラム教が共存しており、世界遺産も6つあります。

今回のツアーではそのうちの4つを訪れ、スリランカの歴史や文化、そして自然を体感してきました。

ダンブッラ石窟の涅槃仏

 

仏教壁画

かつての都ポロンナルワにある石から削り出した石仏

これは見たことある方多いのではないでしょうか。シーギリヤ・ロックです。

岸壁には、どうやって登ったんだという場所に壁画が残っています。

岩の上はマチュピチュもびっくりの空中遺跡。

 

茶畑に囲まれた高原地帯でハイキングもしてきました。

 

田舎道を、現地の子供たちの登校と一緒に。

 

バードウォッチングでたくさんの鳥も見てきました。(これは、ガイドさんがたまたま保護したカワセミの仲間。とてもラッキーでした。)

 

ゾウさんの孤児院を訪れ、たくさんのアジアゾウが水浴びをして、

 

帰っていく行進も間近で見ました。

 

お茶の工場で本場のセイロンティーを飲みました。

 

地元の市場の様子。南国らしいフルーツいっぱい。

 

インドに近いので、それらしい喧騒を予想していきましたが、人口も2000万人ほどで、治安も良く思ったよりも静かな国、という印象でした。また、人種は全然違ってもアジアの共通性なども見られ、とても興味深い体験でした。

やはり、外国に行くといろいろ新しい発見があるものです!

皆さんもどんどん外国にでかけましょう!スリランカ、おすすめです!!

 

 旅行業 H

ゼロの山スノーシュー

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
travel 2015-2-28 10:31

 

バレンタインデーの2月14日、特に予定もなく(笑)かなやま湖のゼロの山へ行ってきました!

風があり少し肌寒い日で、上部は雲がかかって遠望は利きませんでしたが、それでも

眼下に広がる結氷した湖に、皆様オドロキの声を上げていたのが印象に残っています☆

ここは何度訪れても良い山だなぁ〜と感じます。未踏破の方はぜひご一緒しましょう!

ワカサギ釣りのテントも多く見られ、この時季の新たな楽しみを発見できました。

ということで、ここからは個人的な話になりますが、先日会社の仲間とワカサギ釣りへ行きました。

が、当たりも無ければ竿すら動かず…。忍耐力の無さを痛感。次回は釣れる場所でリベンジしたいです!

スノーシューツアーは4月下旬まで行っております=3=3皆様のお申込み、お待ちしております♪♪

旅行業:myk

 

朝晩の冷え込みが厳しい今日この頃…いかがお過ごしでしょうか??

そんな時こそ冬山へ出かけてふかふかパウダーを楽しみましょう(笑)!

先日行って来たのは、黒岳の山麓に広がる紅葉谷で、この時季は来訪者も少なく

りんゆうツアーの貸し切りでした(*^O^*)/~寒さに負けずほどよく汗をかいて

良い運動になりました=3=3写真はゴール地点の紅葉滝ですが、今年は雪が少なく

寒さも例年より落ち着いているせいか、凍り付いてはいませんでした!

道中、様々な看板が目を楽しませてくれますよ〜。

来年も企画の際にはぜひ、訪れてみてはいかがでしょう。

この後のスノーシューツアーも続々催行が決まっており、残席わずかのものも!

ご検討の方はお早めにお申込み下さいね^^お待ちしております。

2月28日「室蘭岳スノーシュー」、3月7日「本貫気別山スノーシュー」大募集中です☆

旅行業:myk

 

先日1月24日の土曜日に、今シーズン初のスノーシューハイキングツアーにお客様をご案内してきました!
今回行った場所は中山峠にある蓬莱山(ほうらいさん)というところです。
コースも比較的なだらかで、初めてのスノーシューにはもってこいの山でした。

また、この山は冬山登山の訓練に利用する方も多く、我々が歩いていた時も
途中で雪洞を掘ってビバークの訓練をしている方々もいらっしゃいました。

当日の天気は曇り。風もなく比較的暖かく感じ、とても良いコンディションの中で歩くことが出来ました。

上の写真は車道から入って少し歩いた開けた場所。
真っ白な雪原の上に私達が一本の足跡を残していきます。

もう少し行くと樹林帯の中に入っていきます。
夏は鬱蒼とした林の中という印象ですが、冬になると葉も落ち、
木々にも雪が積もって趣がありますね。

同じような林の中でも、日差しが出てくると陰影ができて、また違った印象になります。
これも真っ白な雪の上だからこそ見られる風景ですよね。

右手の大きな雪庇を巻くようにして歩き、このもう少し先で目的地到着となります。
この雪庇、写真だとわかりにくいんですが、とっても大きなもので、
思わず写真に収めたくなる、そんな感じでした。

下山後は定山渓温泉でゆっくり温まり、その後無事に帰着となりました。

スノーシュー初めて、という方も半数近くいらっしゃっいましたが、
皆さんすぐに履きこなして思い思いにサラサラのパウダースノーを楽しんでいたようです。

まだスノーシューやったこと無いんだよな・・・、という方、まだまだ今シーズンの
スノーシューツアーは始まったばかりでたくさんのツアーが有ります!

参加者にはスノーシューも無料でレンタルを行っており、もちろん全コースとも、
ガイドやツアーリーダーがつきますので、初めての方やお一人での参加でも安心です。

「初めてだし不安」、ですとか、「どのツアーに参加していいかわからない」という方も、まずは一度お問い合わせ下さい。
スタッフが皆様にあったツアーをご提案させていただきます!

 

旅行業 IY

 

新年あけましておめでとうございます!

旧年中はりんゆうツアーをご利用くださり、誠にありがとうございました。

本年も安全に、楽しくツアーを催行してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


 りんゆう観光 旅行業 一同

 

ようやく冬らしくなってきた北海道…皆様いかがお過ごしでしょうか??

毎日の除雪にウンザリしている方も多いはず。冬場の適度な運動としては良いですが、

こうもたくさん降られると困ってしまいますね(笑)皆様もほどほどに頑張りましょう!

ご報告が遅くなりましたが、先日、毎年恒例ともなっている表題のツアーへご案内して参りました。

熱帯雨林のため昼前から午後にかけては気温上昇にともない雲が湧いて雨が降りますが、

一枚岩の美しい山体は、麓から見るとこんな形をしているんですよ〜/ ̄\!

山頂の標高は4,095m。海外登山の登竜門としてよく紹介されています。

歩行開始地点の標高は1,867m、差し引くと、な、なんと標高差は2,228m〜!!

じっくりゆっくり登るので意外と辛くないですが、上部は高山帯のため中には

高山病症状が出る方もいますので、慎重な行動が肝要です。。。

雨が多い地域とあって、所々に休憩場所(東屋)があり、快適です。

標高約3,300mのラバンラタ小屋に一泊し、未明に山頂アタックです=3=3

ヘッドランプの明かりを頼りに登ると、朝陽と同時に素晴らしい展望が広がります!

核心部のサウスピークを越えるとロウズピーク(最高点)の頂は目と鼻の先…!

遮るもののない美しい光景が。時を忘れてしばし立ち尽くしてしまいました(笑)

下りは往路を戻ります。「こんな道を歩いていたのね〜」と皆様も驚きのご様子。

眼下には雲海が広がり、とても綺麗です。吸い込まれていくようにぐんぐん高度を下げます。

雲霧帯は植物の宝庫で、様々な高山のお花たちが彩りを添えてくれます。

とりわけランの仲間が多く、一見の価値あり!種類の多さに驚かされます☆

無事下山した後はお待ちかねのマリンスポーツ!オプショナルツアーとなりますが、

ホテルにほど近いビーチでシュノーケルやパラセーリングなどが楽しめます(*^O^*)♪

運が良ければ南国ならではのこんな動物に出会えるかもしれません!

山あり海あり、楽しさいっぱいのボルネオ島にぜひ一度足を運んでみませんか?

年内最後の投稿になるかも?しれません…。今年一年本当にお世話になりました。

また来年も、元気に頑張りましょう!ありがとうございました!!!

旅行業:myk




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED