メインコンテンツ
リンクメニュー
個別のブログへ
サイト内検索

おすすめ














りんゆうブログ - ツアーレビューカテゴリのエントリ

毎月りんゆうツアーをご利用いただいているお客さまに郵送しています りんゆうNEWSですが、

10年ぶりに左閉じに形式が変わります。なぜ今まで右閉じだったかといいますと、当社を近隣の

方々にも知ってもらおうと新聞に折り込みチラシとして配っていたのでそれに合わせた形でしたが、

現在はネット社会となり、いつでもどこでも興味があればインターネットで調べることができる時代となり

当社もチラシでお知らせする時代は終了しても良いのではということで打ち切りにさせていただきました。

これからは当社のホームページに色々な情報をあげ、広い範囲の人に当社を知ってもらえるよう努力したいと

思っています。

りんゆうNEWSもますます充実した紙面になるよう工夫したいと思っております。

興味のある方は郵送いたしますので電話かメールで住所とお名前をお知らせください。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

旅行業一同

4月10日から12日まで関西春山周遊、桜の吉野山と金剛山〜葛城山縦走と六甲山登頂の

ツアーが催行されました。

ツアーは3日間天候に恵まれ、心地よい春山を楽しみました。

六甲山は山頂直下まで車で行ける山ですが、今回は芦屋市側の東お多福登山口から

東お多福山山頂経由で六甲山へ向かい、魚屋道(ととやみち)を通って有馬温泉に行く

縦走コースです。

最終日は世界遺産に登録されている吉野山です。

ここには約3万本の桜の花々が下千本から奥千本まで約1ヶ月かけて咲き上がります。

吉野山には桜の老木が多く、手入れが大変だそうです。

この時期がくるまで大切に育てている桜を、ご参加の皆様で観賞しました。

今年は開花が遅く、下千本付近が満開でそれより上は7分〜5分くらいです。

旅行業 塚元

朝里岳スノーシュー

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
travel 2011-4-12 9:37

皆様こんにちは!

4月9日「朝里岳スノーシュー」が催行されました

当日は高曇りでしたが、天候に恵まれ360度の大パノラマを堪能できました。

移り変わる景色を眺めながら極上の山歩き、わずか1時間で三角点のある山頂へ!

上の画像は、ニセコ連山を撮影した際の一コマです!

上記の他、海の向こうに暑寒別連峰、樺戸山塊、はるか遠くに大雪山、

そしてそして…余市岳はもちろん、積丹・余別、狩場山塊も見ることができました。

手頃に登ることができますが、山頂からの眺望は一級品です

もうすぐ、冬山・春山歩きも終わってしまいます〜〜〜

夏山へ向けて体力づくりに勤しむ毎日です。皆様もぜひスノーシューで山へ!!

旅行業:myk



ブータン・ヒマラヤ・ハイキング 7日間

札幌もだんだんと暖かくなり、春を感じられるようになってきました。地震の被害に遭われた方にも暖かさを感じていただきたいと思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日お客様とブータンに行ってきました。皆さんご存知でしょうか、ブータン。北はヒマラヤ山脈を境に中国チベット自治区、南はインドの間に挟まれた九州ほどの国土を持ち、人口は60万人ほど。国民総幸福量(GNH)という概念を打ち出し、世界的にも注目される国です。

ブータンには空港がひとつしかなく、航空便は国営航空会社であるドルック・エアーがバンコク、カトマンズ、カルカッタなど数か所とつなげているだけです。今回はバンコクを経由してブータンに向かいました。



国営航空ドゥルック・エアーの尾翼には国旗の龍のマークが入ります



ブータンは南部の標高100m地帯から〜最高峰ガンカー・プンスムの7,561mまで非常に標高差の大きな国土ですが、今回訪れた町パロ、ティンプーは標高2,300m前後、街中では桜や桃、梨などの花が咲き春の訪れを感じさせてくれました。一転、標高4,000mの峠では雪が降ってくるなど、自然環境の厳しさも感じました。


サクラソウの群落やシャクナゲがありました


ブータン最高の霊域であるタクツァン僧院までのハイキングや、農村の民家を訪問したりと自然、文化を感じる旅となりました。


断崖にへばり付くように建立されたタクツァン僧院


なかなか訪れることのない、秘境といわれる場所ですが、美しい風景や、そこに住む人々が伝統文化を守姿、子供たちの屈託ない笑顔を感じられる場所です。ぜひ、機会あれば皆様に訪れていただきたい場所です。


旅行業 H





 

倶多楽湖北山スノーシュー

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
travel 2011-3-24 15:01

3/12(土) 倶多楽湖北山スノーシューへ行ってまいりました。

お天気に恵まれ素晴らしい景色を見ることができました

湖面が一部白く凍り、とっても綺麗です

旅行業 水野

この度の東北・関東大震災に被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧と皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

◎当社の募集型企画旅行について

ツアーで利用する交通機関が通常通り運航され、現地の状況に問題がない場合はツアーを催行いたします。

なお、4月3日出発『日本百名山』筑波山と茨城県最高峰、八溝山登頂ツアーにつきましては

ツアー催行決定時に入山禁止の状況だったことによりツアーを中止させていただきました。

 

 

お待たせいたしました!本日、夏のツアーラインナップが記載された

「2011年上期りんゆうNEWS特集号」が発行されました。

上の写真は、先ほど納品されたばかり、できたてホヤホヤの表紙です。

 

ご登録いただいているお客様には今週中にお手元に届くよう、発送準備をすすめています。

そんなに待てない!という方は是非りんゆう観光本社(札幌市北区北9条東2丁目)までお越しください。誰よりも早くパンフレットをお渡しできます。

りんゆうツアーに参加しことはないけれどご興味のある方は、メール、お電話等でパンフレットをご請求ください。すぐにご郵送いたします。

 

今年も、たくさんの魅力あるツアーを企画しております。ご参加お待ちしております!

 

 旅行業 H

 

 

 

 

 

 

 

2月24日から26日まで歴史道ウォーキング・天城越えと踊子歩道のツアーが催行されました。

初日は河津桜の見学ですが、今年は開花が遅れているそうです。

小雨の中の散策でした。

 

ツアー2日目は旧天城トンネルから踊子歩道のウォーキングです。

100年以上の歴史がある旧天城トンネルです。道路のトンネルとしては初めて国の重要文化財に指定されています。

 

河津七滝にある伊豆の踊子です。

旅行業 塚元

 

スキー場はただいま学校のスキー授業の真っ最中、毎朝わたしたちも総出でスキーバスの見送り業務を行っています今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、1月30日に新千歳空港からニュージーランドはオークランドへチャーター直行便が飛びました。りんゆう観光でもチャーター便を利用して夏真っ盛りのニュージーランドへお客様をご案内して来ました。

12月には3泊4日で「世界一美しい散歩道」ミルフォード・トラックを歩きましたが、今回はそのミルフォード・トラックや、ルートバーン・トラックの一部分をハイキングし、さらに氷河展望ハイキングとマウント・クック山麓ハイキングなど、良いとこ取りの日帰りハイキングを楽しみました。



コケとシダの森を歩く (ミルフォード・トラック)



サザン・アルプスの山岳景観を一望 (ルートバーン・トラック、キーサミットハイキング)



訪れる度に迫力ある姿に驚かされるセフトン氷河 (マウント・クック、フッカー谷ハイキング)



ニュージーランドの国民的英雄、エドモント・ヒラリー卿 (マウントクック、ハーミテージホテル)




ハイキングで見る山や氷河の風景も素晴らしいですが、移動中の車窓から見る景色や、町の様子もニュージーランドならでは!というもので、現地ガイドさんの説明とも相まって、印象深いものにしてくれました。

 


海の向こうにはオーストラリアと南極が (ミルフォード・サウンド・クルーズ)



湖が美しい湖畔の町、ワナカ

プカキ湖の向こうに聳えるマウント・クック

 
人がおおらかで、雄大な自然が広がるニュージーランド。どことなく北海道に似てるなと思うのはわたしだけではないはず。
何度でも訪れたくなる良い場所です。
冬の北海道に帰ってきた皆様、風邪をひかないように暖かくしてくださいね!

旅行業 H

這松山スノーシュー

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
travel 2011-2-4 18:25

1.凛と立つダケカンバ

皆様こんにちは

2011年2月2日(水)、「這松山スノーシュー」ツアーに行って参りました。

この山をご存じない方も多いと思います。山頂からは眼下にキロロリゾートを見下ろすことができ、

お天気が良ければ日本海や余市岳を望むことができます。

989.5mピークを、通称「這松山」と呼んでいます。

当日は晴れ間も顔をのぞく中、真っ白な雪原歩きを楽しみました!!

2.急斜面をラッセルラッセル〜

ただ、連日の降雪で膝上ラッセルを強いられる場面がほとんどで、いい汗かいた〜というよりは、

むしろ汗だくになりながら一生懸命ラッセルしました

3.時折晴れ間も見え、自然に優しく足跡だけを残して…

4.目の前には広大な日本海が!

5.美しいトレースが光り輝いていました…

下山後はキロロ・森林の湯で山旅の疲れを癒して帰路につきました。

スノーシューは一度経験すると病みつきになります!

まだ体験されていない方はぜひ、ご参加お待ちしております!

旅行業:myk

 




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED