メインコンテンツ
リンクメニュー
個別のブログへ
サイト内検索

おすすめ














りんゆうブログ - ツアーレビューカテゴリのエントリ

5/28(土)

朝日岳縦走、夕日岳登頂と定山渓温泉』

に参加してきました。朝日岳598.2m 夕日岳594.2m 2つ合わせるとかなり登り応えのある内容になっています。

当日は午後から雨の予報でしたが

みなさまの日ごろの行いがよかったのでしょう、なんとか本格的な雨に当たる前に下山することができました!!

途中、シラネアオイの群生に出会いました

シラネアオイはこの時期ちょうど見ごろだったのか、あちこちで見かけました。

 

 

            ↓↓シラネアオイ↓↓

ヒトリシズカもたくさん咲いていましたね

今年参加できなかった方は今度ぜひ参加してみてください。 

1日で2つの山を極めるってなかなかできませんよね!?

これから夏山本番です!!一緒に夏山へいきましょう

                                     勧財部A

    〜九州最高峰の宮之浦岳〜

5月12日から5月15日までの4日間『世界遺産の屋久島ネイチャートレッキング』ということで

お客様11名様をご案内いたしました。東京・鹿児島で飛行機を乗り継ぎ、1日かけて屋久島へ。

1ヶ月に35日雨が降るといわれる屋久島で、2日間ともに天気に恵まれ、北海道より一足早く

新緑の季節を楽しんで参りました。

今回のツアーも、皆様目的に合わせてトレッキングコースを選択していただきました。

日本百名山の100番目、そして九州最高峰であるを宮之浦岳目指す方、

縄文杉とともに、新高塚小屋へ泊り屋久島の核心部を縦走するコース、

屋久杉ランド、白谷雲水峡で屋久島の自然を満喫する方、それぞれお楽しみいただきました。

私は、ハイキング初日、縦走班の方、宮之浦登頂班合同計6名でで宮之浦岳へのぼってきました。

麓からかなりのハイペースで山頂まで5時間半、縦走の方々は重い荷物を背負い、風の強い中

頑張りました。山頂にて縦走班と登頂班別れて、私は2名のお客さまと下山してきました。

北海道ではまだ夏山シーズンではないためこれだけ歩くトレーニングがなかなかできない

ので体調管理が大切です。

翌日は、白谷雲水峡のハイキングです。

この日は標準タイム3時間ほどの道をガイドさんの話に耳を傾けながら6時間かけて

ゆっくりと歩き屋久島の歴史や自然が学びました。北海道とは約2000km離れた

場所だけにいろんなことに驚き、感心させられました。

秋にも屋久島のツアーはありますので、皆様も是非ご参加いただき屋久島の魅力

に触れてみてください。

                  りんゆう観光 旅行業 白 石  真 介


皆様いかがお過ごしでしょうかアロハ。お客様と一緒にハワイに行ってきました。ハワイといえば青い空と青い海、ヤシの木に白砂のビーチリゾート、というイメージが強いかと思います。わたしもそう思っていました。しかし、それだけではないのがハワイ。奥深いのがハワイ。

ハワイと一口に言っても7つの島から成る諸島を指します。今回は最大の島、ビッグ・アイランドと呼ばれるハワイ島を訪ね、その雄大かつ独自の自然を観てきました。

キラウェア火山の噴火口を歩いたり、

 

ところどころ地熱のため蒸気が噴き出していました

夜はマグマの明るさで噴煙が赤く色づきます



ハワイ島最高峰、標高4,205mのマウナケア山に登頂したり、
(マウナケアには日本の「すばる天文台」など各国の天文台が建設されているので山頂手前まで自動車で上がることができます。あしからず)


ホテルのベランダから見たマウナケア山

 


マウナケア山頂から落日を眺める

 


満天の星空を眺める。南十字星も見えました

現地のガイドさんもハワイ島を知り尽くした方で、独自の進化を遂げた植物の話、島の歴史、ハワイアンの神話などさまざまなお話をしていただけました。

最終日には玄関口であるオアフ島はホノルルに戻り、かの有名なダイヤモンドヘッドにも登頂してきました。さすが世界中から観光客の集まる場所、すごい人出でしたが、山頂から眺めるワイキキビーチの海の美しさはまた格別でした。日頃山男なわたしですが、サーフィンでも始めて海の男になろうかと思うほどでした。


次回は水着とサーフボードを持っていきます



今回はハワイ島を堪能しましたが、ハワイには他にもカウアイ島など、素晴らしい自然を抱えた島があります。次回はまた別の島を楽しむツアー企画も作りたいと思っています。アロハ。

旅行業 H

5月17日から『日本百名山』伊吹山登頂と近江八幡・長浜と沖島・竹生島を訪ねての

ツアーが催行されました。

日本百名山の伊吹山です。九合目までは車で行くことができます。ゆっくり歩いて約30分で山頂です。

 

琵琶湖最大の島「沖島」です。日本で淡水の湖の中の島に人が定住しているのはこの島だけです。

人口350人ほどの島ですが、郵便局もあります。島の産業は主に漁業です。

 

近江八幡の散策です。現地のガイドさんの話を聞きながらのウォーキングです。

 

竹生島です。長浜港よりフェリーで30分で島に到着です。

 

国宝の舟廊下です。島には国宝がその他にも沢山あります。

 

長浜城です。大河ドラマ「江」の影響もあり、平日でも長浜周辺は賑わっていました。

3日間天候に恵まれ無事終了しました。

旅行業 塚元

2011/5/23 朝日新聞 道内版 25頁の「増やせ夏山専門ガイド」で

当社のコメントも掲載されましたのでお知らせいたします。

 

概要はトムラウシ遭難教訓に山岳ガイド協会が夏山登山専門ガイド資格を4月に新設し、神奈川県丹沢にて

初の実技試験が行われました。ガイド協会は「山での力を兼ね備えた添乗員らが足りない状況を、資格を取りやすくする

ことで改善したい」と話しています。

 

その中で当社のコメントとして以下の文が載りました。 

 

 国内外のツアー登山を扱う「りんゆう観光」はツアー登山の添乗員に、新資格を取らせることを検討している。

 同社の添乗員はすでに、道内の民間団体が認定する「北海道アウトドア資格」の一つ「夏山登山ガイド」を持っている。

 植田惇慈専務は「アウトドア資格を取り、社内でも訓練を積んでいれば問題ない。ただ、協会の資格内容はよくできて

 おり、勉強のために受験させたい」(掲載文) 

 

りんゆう観光では資格取得に積極的に取り組み、安全第一でのお客様をご案内できるよう日々努力しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

写万部山ゆっくりハイキング

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
travel 2011-5-20 16:24

05月14日、上記ツアーが催行されました。

当日は曇天でしたが、ラッキーなことに雨には当たりませんでした。

山開きだったようで、麓は地元の方々や愛好家たちで賑わっていました

登山道の途中からは、牧歌的な風景が広がり開放感があります!

山頂までは登り1時間30分ほどですので、この時期の足慣らしには最適です。

道中には春を待ちわびた花たちが可憐に咲いていました。

雲が低かったのですが、山頂からは黒松内岳をはじめ、カニカン岳や

長万部岳などの近郊の山々を望むことができました。

今年の夏山も楽しみです〜〜〜♪♪♪

旅行業:myk

 

昨日、ツアーから戻ると自宅のすべてのガス器具が使えず、ライフラインの重要性を再確認してしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日は森林インストラクター同行の企画、濃昼山道へ行ってきました。

今年から当社森林インストラクターが2名体制になり、昨日はお披露目も兼ねてのインストラクター2名体制でした。

 

お天気に恵まれ、濃昼峠からは樽前山〜積丹岳までの道央圏の山々が一望できました。

まだまだ山の上は真っ白。

 

山道上には、エゾエンゴサク、カタクリ、エゾノリュウキンカ、ニリンソウ、サクラソウ、シラネアオイなど様々なお花が姿を見せてくれて、かつてこの道を歩んでいった人々と北海道の歴史に思いを馳せながら楽しく歩いた一日となりました。

 

旅行業 H

 

春を告げるサクラソウの群落

2011年05月10日、上記ツアーに行って参りました。

最高気温12℃と体を動かすにはちょうど良い気候でした。

当日は特にミズバショウが群れを成して咲き、美しい光景を作り出していました。

札幌からそう遠くありませんので、日帰りハイキングにもってこいの場所です。

これから本格的に夏山シーズン到来です。

待ちに待った命輝く季節の始まりです!

皆様のご予定はお決まりですか?

ツアーでお会いできるのを楽しみにしております

旅行業:myk

ゴールデンウィークはみなさんいかがお過ごしでしたでしょうか。お陰様でりんゆうツアーも期間中、毎日のようにツアーへお客様をご案内していました。いよいよ、夏山シーズンが始まったな、という感じです。

さて、ツアーのことについては他のツアーリーダーにゆずり、個人的に行ってきた知床の山の事をご紹介します。

予定では知床峠まで車で入り、そこから稜線上に天頂山、知西別(ちにしべつ)岳を経て遠音別(おんねべつ)岳まで行って帰ってくる山中2泊3日の予定でした。

が!

初日に知床横断道路が路面凍結のため通行止めになってしまいました。初っ端から計画が崩れてしまいましたが、自然条件は仕方がないので、知床自然センターから知床峠近くにある愛山荘まで、スキーを背負ってアスファルトの道路を延々7km歩きます。


重装備+アスファルトの地面は足にこたえます

愛山荘で一夜を過ごした翌日は知床峠には行かず直接天頂山を目指します。この日は快晴で羅臼岳をはじめとした知床連山の景色が素晴らしかったです。


天頂山へ。雄大な景色の中を行く

天頂山と知西別岳の間にテントを張り、キャンプ地を整えた後は、荷物を軽くして知西別岳を目指します。

 


知床連山を一望する五つ星クラスのお宿

 


知西別岳へ。一番奥が山頂です


今回は初日の行程変更が響き、残念ながら知西別岳までタイム・アップ。遠音別岳は眺めるだけで引き返すことになりました。次回への宿題を残しながらの下山でしたが、お天気に恵まれて世界遺産知床の風景をお腹一杯楽しむことができ、またツアー最盛期に向けての良いトレーニングとなりました。


下山して鏡を見たら雪焼けで真っ黒になっていてびっくり。

旅行業 H






知西別岳山頂から来期の宿題を望む。尖っているのが遠音別岳、奥は海別岳



 

4月18日から21日まで奄美群島・長寿の島、徳之島と沖永良部島を訪ねての

ツアーが催行されました。

国頭小学校にある日本一のガジュマルです。明治31年に同校の第一回卒業生が植樹したガジュマルが大木となって

現存しています。高さ約7m・枝張り約22m・幹回り約6mで、枝張りは日本一の大きさと言われる大木です。

徳之島と言えば長寿の島です。

日本で有名なお年寄りは名古屋市の金さん銀さんが有名ですが、長寿日本一の男性は

120歳まで生きた泉重千代さんです。

4日間天候に恵まれました。同じツアーが24日からまた催行されます。

私も3日後はまた島暮らしとなります。

旅行業 塚元

 




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED