メインコンテンツ
安全への取り組み
リンクメニュー
サイト内検索

ご挨拶

機ゴ靄槓針と安全目標

  1.基本方針

  2.安全目標と結果

  安全重点施策(層雲峡事業所)

  安全重点施策(藻岩山事業所)

  3.索道運転事故の発生状況

  4.インシデントの発生状況

.輸送の安全のための取組み

  1.施設の検査および整備等の実施状況

  2.緊急時対応訓練

  3.技術社員の資質向上

  4.安全のための投資

.当社の安全管理体制

.利用者の皆さまとの連携のお願い

 

ご挨拶

 平素より、蠅蠅鵑罎Υ儻の索道事業(ロープウェイ1基、リフト6基)をご利用いただきまことにありがとうございます。また、当社の索道事業に対しご理解をいただき感謝申し上げます。

 当社グループ経営の根幹は、索道事業であり「輸送の安全確保」は、最大の使命であります。 

 無事故無災害の達成に向け、経営トップとしての認識を継続して持ち続けるとともに、全社員一人ひとりが「株式会社りんゆう観光安全管理規程」に基づく安全管理体制 の確立、輸送の安全水準の維持・向上を図るように自覚し、公共交通機関として信頼の確立に向け総力を挙げ、一丸となって邁進してまいりたいと考えています。  

 本報告書は鉄道事業法に基づき輸送の安全確保のための取組みや安全の実態について、自ら振り返るとともに広くご理解いただくために公表するものです。

 皆さまからの声を輸送の安全に役立てたく、積極的なご意見を頂戴できれば幸いです。

 株式会社りんゆう観光 代表取締役 植田 英隆

 

機ゴ靄椹愎砲醗汰缶槁

 当社の経営理念の最高指針は、「輸送の安全確保」です。安全確保の基本方針を次のように掲げ、社長以下、全社員に周知・徹底しています。

 

1.基本方針

  1. 一致団結して輸送の安全確保に努めます。
  2. 輸送の安全に関する法令及び関連する規程をよく理解するとともにこれを遵守し、厳正、忠実に職務を遂行します。
  3. 常に輸送の安全に関する状況を理解するように努めます。
  4. 職務の実施に当り、推測に頼らず確認の励行に努め、疑義のある時は最も安全と思われる取り扱いをします。
  5. 事故又は災害等が発生したときは、人命救助を最優先に行動し、すみやかに安全適切な処置をとります。
  6. 情報は洩れなく迅速、正確に伝え、透明性を確保します。
  7. 常に問題意識を持ち、必要な変革に総力を挙げて努めます。

 

2.安全目標と結果

 第56期(2014年5月1日〜2015年4月30日 以下、当期という)の安全目標は、「索道運転事故またはインシデント(事故の兆候)をゼロにする」ことを目標にしました。 

 また、安全目標達成のため事業所ごとに安全重点施策をそれぞれ定め、各事業所が計画(Plan)⇒実施(Do)⇒評価(Check)⇒改善(Act)のPDCAサイクル

 を行えるよう改善しました。引き続き安全・安心な索道となるよう努めてまいります。

層雲峡事業所(安全重点施策)

    実施結果

      2014年度 安全重点施策 数値目標 実数 達成結果
    1 技術管理者は、週一回、係員に安全に関する聴き取り調査を実施する。 100% 100% 100%
    2 上記調査により抽出されたヒヤリハットおよび不安全事象全案件について、対応策を策定する。 100% 100% 100%
    3 リフト救助訓練において、係員の習熟度(完全に救助ができる人数の全体数に対する割り合い)を100%とする。 100% 100% 100%

     見直し

    1 事故の芽を確認することができました。また文書化することにより係員全員で共有することができました。非常に有意義な施策であったので、2015年度も継続して実施します。
    2 対応策は1の施策の中に組み込み、必ず実施することとし見直し、項目から削除します。
    3 習熟度は100%であることが確認できましたので、項目から削除します。なお引き続き救助訓練は確実に実施していきます。

     2014年度の結果を踏まえ見直した 2015年度の安全重点施策

      2015年度 安全重点施策 数値目標 実数 達成結果
    1 技術管理者は、週一回、係員に安全に関する聴き取り調査を実施し、その対応策を含め、係員全員で共有する。 100%    
    2 事業所内の連絡体制を確立させ、連絡漏れをゼロ件にする。 0件    
    3 リフトにおいて乗越し検出装置による保安停止をゼロ件にする。 0件    

     


藻岩山事業所(安全重点施策)

    実施結果

      2014年度 安全重点施策 数値目標 実数 達成結果
    1 リフト運転者及び管理員に対してアルコールチェックを毎日実施。 100% 100% 100%
    2 乗車中の子供の搬器より転落トラブルを減らす。 5件以内 9件 4件増
    3 労働災害事故ゼロ件の継続。 0件 2件 2件増

     見直し

    1 目標は達成、来期に関しても必ず実施することとし、項目より削除し来年度は新たな重点施策を策定致します。
    2 特定のリフトでセフティーバーを上げた直後多く発生していることから、案内看板など位置等の見直し及び声掛けが少なかった。
    3 夏期労災事故はゼロ件ですが、冬期従業員の労働事故2件発生していることから今期の事故事例を参考にして、研修時に教育強化を図ります。

    2014年度の結果を踏まえ見直した 2015年度の安全重点施策

      2015年度 安全重点施策 数値目標 実数 達成結果
    1 冬期シーズン各セクションよりヒヤリハット提出週に1件以上 100%    
    2 声掛け及び案内看板位置の見直しで搬器より落下トラブル件数を5件以内にする 5件以内    
    3 冬期従業員の労働災害0件 0件    

 

 

3.索道運転事故の発生状況

 当期の発生はありませんでした。

 

4.インシデントの発生状況

 当期の発生はありませんでした。

※インシデントとは、索道運転事故が発生するおそれがある故障等をいいます。

 

供ネ∩の安全確保のための取組み

 

1.施設の検査および整備等の実施状況

1)層雲峡事業所

 層雲峡・黒岳ロープウェイ一年整備・1年検査を2015年1月5日〜29日の25日間で実施しました。その間、受索輪交換、支柱サドル点検を含む検査および整備を実施しました。


 黒岳ペアリフトは、観光用リフトへの切り替え整備および1年検査を2015年5月7日から5月28日の22日間、スキーリフトへの切り替え整備および1年検査を2014年10月20日から11月13日までの25日間それぞれ検査及び整備を実施しました。

2)藻岩山事業所

 スキーリフト5基の1年検査は営業休止の2014年4月1日から同年11月30日までの8ケ月間の間に、層雲峡事業所の技術社員の支援も受けて、自社社員で検査および整備を実施しました。また、営業期間中のその他の法定点検および検査も、確実に実施しました。

 

 

2.緊急時対応訓練

1)層雲峡事業所

大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ

 2014年5月、ロープウェイの故障を想定した緊急時総合訓練(ロープウェイの乗客救助訓練)を約3時間、同所社員一同および上川中部消防署との合同で実施しました。


黒岳リフト

観光用・スキーリフト用切替期間(毎年2回)中に約4時間、同所社員一同にて緊急時乗客救助訓練を実施しました。


2)藻岩山事業所

 2014年12月、シーズン開始前教育訓練期間(3日間)中に、同事業所社員一同(季節社員、臨時社員を含む)および札幌消防署合同にて、緊急時スキーリフト乗客救助訓練を実施しました。

 

 

3.技術社員の資質向上

 当期、技術社員の資質の向上実績は、資格の取得または外部研修、講習の受講の延べ人員が13名(技術社員21名中)しました。また、社内研修、索道施設の点検方法および技術の伝え方勉強会を実施し技術社員21名全員が参加し、技術向上心は旺盛です。

 

 

4.安全のための投資

当期の主な安全のための投資項目は、次のとおりです。

1)層雲峡事業所

ロープウェイ

  • 風向風速計
  • 制動装置、懸垂受索輪等予備品

リフト

  • 握索機整備 メインパーツ更新10機
  • 看板類更新 

2)藻岩山事業所

  • 第2リフト 通信ケーブル更新 
  • 各監視所等屋根葺き替え
  •  

 

掘ヅ社の安全管理体制

 代表取締役社長をトップとする次の組織体制を構築し、各責任者の責務を明確にしています。

 

代表取締役社長 輸送の安全の確保に関する最終的な責任を負う。
安全統括管理者 索道事業の安全の確保に関する業務を統括する。
事 業 所 長 安全統括管理者を補佐し、担当する事業所の輸送の安全の確保に関する業務を統括する。
索道技術管理者 安全統括管理者の指揮の下、索道運行の管理、索道施設の保守管理、その他の技術上の事項に関する業務を統括する。
索道技術管理員 索道技術管理者の指揮の下、索道運行の管理、索道施設の保守管理、その他の技術上の事項に関する業務を管理する。

 

検ネ用者の皆さまとの連携のお願い

 お客様の声を大切にして、ロープウェイとリフトの輸送の安全の確保とサービスの改善に努めています。あなたのご質問、ご意見をお寄せくださいますようお願いいたします。

 

〒060-09090

札幌市東区北9条東2丁目

株式会社りんゆう観光 本社 技術部

 

前
2016 season 索道安全報告書
カテゴリートップ
安全報告書
次
2014 season 索道安全報告書




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED