メインメニュー
安全への取り組み
リンクメニュー
個別のブログへ
サイト内検索

おすすめ














黒岳往復

黒岳  くろだけ 1984m


 ■ 登り      1時間20分(7合目リフト降り場より)

 ■ 下り      1時間

 ■ 標高差    約465m

 ■ 歩行距離  約1.7km

 ■ 難易度    ★★(初心者向け)

黒岳はロープウェイ・リフト利用で、大雪山で最も短時間で山頂にたどり着ける山になります。 そのため、大雪山登山の玄関口としてたくさんの登山者で賑わっています。 山頂から20分程下ったところには避難小屋の黒岳石室があり、夏期(6月中旬〜9月下旬)は管理人が常駐します。


ガイド


      雲海に浮かぶニセイカウシュッペ

黒岳七合目〜黒岳山頂
ロープウェイとリフトを使用して、黒岳七合目(標高1520m)から登山開始です。ここには上川中部森林管理署の事務所があり、 ここで忘れずに登山届を書くようにしましょう。山頂まで約1時間〜1時間半の行程で、標高差約465mを登ります。登山道の黒岳東斜面は風があまり当たらず、 勾配も全体的に急で汗が噴き出す登りですが、眼下に広がるリフトや正面に聳えるニセイカウシュッペ、平山などの北大雪の展望が楽しめます。八合目周辺から高山植物の数も次第に多くなり、 左手上部に見えてくるマネキ岩の高さまで登れば頂上まであと少しです。

見れらるお花(七合目〜山頂)
ショウジョウバカマ、キバナノコマノツメ、ジンヨウキスミレ、ウコンウツギ、カラマツソウ、エゾノハクサンイチゲ、チシマノキンバイソウ、エゾツツジ


          黒岳山頂からの眺め

黒岳山頂
山頂に到着すると、表大雪の大展望が広がります。旭岳、北鎮岳、北海岳などお鉢平周辺の山々が見渡せます。登り1時間程で見るには贅沢すぎる大展望です。 7月には北鎮岳に残る「白鳥・千鳥の雪渓」が楽しめます。七合目から山頂までは低木林、高茎草本群落の植生ですが、 山頂からは景色ががらっと変わって風衝地のお花畑になります。イワウメ、コマクサ、キバナシャクナゲなど背の低い高山植物の広がりがご覧いただけます。

見れらるお花(山頂付近)
ウラシマツツジ、ガンコウラン、ミネズオウ、キバナシャクナゲ、イワウメ、コメバツガザクラ、コマクサ、チシマキンレイカ、エゾツツジ


            黒岳山頂付近


            黒岳五合目


           黒岳山麓(層雲峡)

カテゴリートップ
山岳ガイドおすすめコース
次
黒岳石室・桂月岳




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED