メインコンテンツ

[<     2  3  4  5  6  7  8     >]

04.キタアマツバメ(Apus pacificus pacificus) アマツバメ目 アマツバメ科 (7・8月)
04.キタアマツバメ(Apus pacificus pacificus) アマツバメ目 アマツバメ科 (7・8月)


04.キタアマツバメ(Apus pacificus pacificus) アマツバメ目 アマツバメ科 (7・8月)

黒岳山頂
大空を高々と群れで飛び交う。鎌のように鋭い翼と腰の白さが輝くアマツバメ。ご存じのスズメ目ツバメとはまったく違う鳥で、翼を拡げると40cm を超える大きさ。
太平洋沿岸の各地に広く分布し、夏になるとカムイミンタラの断崖へ帰ってきて繁殖する。飛びながら昆虫を捕らえるし、飛びながら眠ることもあるという。崖には足の爪を引っかけて縦に止まり、地面に落ちてしまうと飛び上がることはできない。

[<     2  3  4  5  6  7  8     >]






| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED