メインコンテンツ
リンクメニュー
個別のブログへ
サイト内検索

おすすめ














りんゆうブログ - 最新エントリー

2010年12月19日(日) 札幌藻岩山スキー場 オープンしました!!

9:00の運行開始にあわせて来て下さいました、2011シーズン一番最初のお客さまです。

ぴょん太くん、ゆきちゃんとともに

藻岩山の姉妹スキー場の大雪山層雲峡の黒岳スキー場のマスコット

ナキウサギの「なっきー」もオープンにあわせてかけつけてくれました。

ちょっとぴょん太くんがぎゅうぎゅうで写っていません・・・。

スキーヤーのみなさま、ご協力ありがとうございます。

いってらっしゃ〜い♪ 楽しんで〜♪

やっと2011シーズンオープンしました!

今シーズンもスキーを楽しんでくださる方との出会いを楽しみにしています!

藻岩山 N

 

12月19日OPEN!!

カテゴリ : 
藻岩山スキー場
執筆 : 
moiwa 2010-12-18 16:01

 

みなさまお待せしました!

札幌藻岩山スキー場、明日12月19日(日)ついにOPENです!

★リフト営業時間  9:00〜16:00

★滑走可能コース  北斜面ファミリーゲレンデの一部

★第一リフト特別利用券、一回券、回数券、シーズン券のみご購入・ご利用いただけます。

 

 全コースが滑走可能となるまでの間、北斜面の一部コースのみ滑走可能です。

南斜面からはご利用いただけませんのでご注意ください。

なお第一リフトのみの営業ですので、第一リフト特別利用券として、5時間券をおとな・こども同額の1000円といたします。

(他リフトの営業開始後は、第一リフト特別利用券の販売を終了いたします。)

また、じょうてつバスによるスキー場直通バスは12月25日からの運行となりますので、お越しの際はお車やタクシーをご利用下さい。

 

<各所営業時間>

・北ロッジ      8:00〜16:30

・北ロッジ地下レンタルコーナー  9:00〜16:30

・北ロッジレストラン  11:00〜14:00

・北ロッジ売店   10:00〜15:00 

 

今シーズンの滑り始めに、ぜひ!スキーヤーズオンリーの藻岩へ!

皆様のご来場をスタッフ一同、心よりお待ちしています! 

 

☆黒岳情報☆雪がサラサラ☆

カテゴリ : 
黒岳情報
執筆 : 
sounkyo 2010-12-18 8:56

昨日の黒岳。雪がキラキラ舞っていました!

今日の層雲峡はあたり一面真っ白!!

朝から小雪が降っています。

昨日は久しぶりに風もなく晴れ間が見えました

赤岳の上空あたりには雲に光が反射して虹が見えていました☆

今日は視界も悪いのでお車の運転もお気をつけて!

     黒岳ロープウェイ M

本日の藻岩山

カテゴリ : 
藻岩山スキー場
執筆 : 
moiwa 2010-12-17 14:35

 

ウィザードくんの造った雪はとてもきれい!!

ファミリーゲレンデの上部から途中まで雪が出来たので

今は下から攻めていっています。

頑張って寒い日が続いてほしいですね。

天からの雪も期待です。スキーヤーのみなさまの雪ごいもお願いします

 

さて今日は

第1リフトA線=1人乗りのリフトの座面のマットをスタッフがつけています。

びしっとついたよ♪

藻岩山 N

☆黒岳情報☆ ゲレンデ状態

カテゴリ : 
黒岳情報
執筆 : 
sounkyo 2010-12-17 9:11

 

おはよう!なっきーだよ。今日はお友達もたくさん★

朝一五合目の天候は曇り、気温は-12℃

昨日ほどは冷え込んでいないけど、やっぱり寒いよ〜

けど寒いからって、家に閉じこもってるのはもうったいないっきー!!!

こんなに雪が積もっているのに〜☆

こんなにパウダースノーなのに〜☆

黒岳スキー場は、年内は休み無く営業だよ!(悪天候の時は運休になることもあるよ‥)

営業時間は、9:00〜15:20だよっ。

スキーヤー、ボーダーのみんな集まれ〜♪♪♪

なっきー

 

シバレテます!

カテゴリ : 
黒岳情報
執筆 : 
sounkyo 2010-12-16 8:45

朝の気温は−18度!凍てつく寒さです!

天気はやや良好です

大雪山はすっかり雪景色。朝日に照らされほんのり赤く色付いています

ピステン(圧雪車)も五合目駅舎前まで入れるようになりました♪

これでリフトまでも歩きやすくなりましたよ!

上川−層雲峡間の道路は圧雪アイスバーン

車間距離を十分取り安全運転でお越しくださいね

黒岳ロープウェイ M

 

☆黒岳情報☆ 雪降っています♪

カテゴリ : 
黒岳情報
執筆 : 
sounkyo 2010-12-15 13:33

さぁ、ロープウェイに乗って五合目まで行こう☆

朝から黒岳は雪が降ったり止んだりだよ〜!

13:00現在、麓も五合目もそしてリフト周辺も雪が降っているよ!!

スキー場は多いところで積雪150cm

例年に比べるとまだまだ少ないけど、順調に増えてきているよっ

お車でお越しの方、道路はガリガリ&ツルツルです。

お気をつけて来てくださいね。

なっきー

雪だしちゃってます

カテゴリ : 
藻岩山スキー場
執筆 : 
moiwa 2010-12-15 11:54

首を

ふりふり

皆さんはゲレンデができるまでを見た事があるでしょうか?

これは噂の新降雪機、ウィザード君です。

こんな感じに首をふりふり、雪を作ってくれていますとっても優秀君!!

ちなみにこれは圧雪担当!ゲレンデのポテトチップの表面のようなでこぼこを作ってるのはこの子です。

それに勿論プラスして、なんといっても自然雪!!

主にこの子たちとスタッフの力でゲレンデは作り上げられるのです★

今日は待望の雪もふりましたこのまま雪が降り続けっ♪

 

藻岩山 K

ぴょん太だより

カテゴリ : 
藻岩山スキー場
執筆 : 
moiwa 2010-12-14 15:00

「Yahoo! こんにちはー、ぴょん太だよ!!」

今日も藻岩山の事を気にかけてくださってるスキーヤーのみなさん、ありがとうございます!

今日は晴れていて綺麗な青空…なのですが、待望の雪ではありません↓↓

明日から雪の予報が出ていますので、その雪に期待しております

早くゲレンデでお会いしたいですね!

ゲレンデのマドンナ、ユキちゃんも心待ちにしています★

冬の藻岩はイベントも盛りだくさん!

雪と虹の祭では綺麗な花火も見れます♪

是非イベントなどもチェックしてみて下さいね〜

イベントなどでは生のぴょん太もみれるかも!?

皆様も早く雪がた〜くさん降りますように願っていてくださいね♪

 

 藻岩山 K

12月7日〜12月11日の日程で上記ツアーが実施されました。お客様は9名様でしたが、旅馴れたお客様と、頼れるツアーリーダー・ウルツィと、今回研修ということで、海外添乗初の本間美幸で行って参りました

掲載した画像はほんの一部分ですが、見るもの全てが新鮮で、撮影枚数は250枚強になりました!南国の雰囲気を感じる暑さで、連日30℃を超える猛暑の中でしたが、不思議と不快ではなく、遺跡巡りをしながら心地よささえ感じながらのウォーキングでした。

8日はアンコール・ワット、アンコール・トム、プノン・バケンの丘をハイキング入場パスを発行してもらい、いざ出発!外堀からアンコール・ワットの内部へ。外は暑いですが、遺跡の中に入るとひんやりして気持ちいい〜。現地ガイドさんのお話を聞きながら無数のデヴァター像や壁画を鑑賞しました。

画像の枚数が膨大ですので、数枚しか掲載できませんが…、上記は「天国と地獄」を描いたもので、陪審員によって現世の罪の重さを判断し、天国行きか地獄行きかの審判を下される場面です。上層は天国で幸せに暮らし、下層は地獄で罰を受ける人々の様子です。

アンコール・トムの入口、南大門に到着。

バイヨン寺院〜バプーオン(修復中のため正門のみ)〜王宮跡〜象のテラス〜ライ王のテラスをハイキング各国の遺跡修復チームにより、アンコール遺跡群が保持され後世へ引き継がれています。日本チームも、バイヨン寺院などを手がけており、その功績が認められているとのことでした。

上記は「プノン・バケンの丘」の様子です。日没の17:30頃を目掛けて続々と観光客が山頂を目指します。標高60mほどの低山の上に遺跡があり、最後は急な石階段の直登ですシェムリアップの夕景がとってもきれいでした!

9日はクバール・スピアン、バンテアイ・スレイ、ニャック・ポアン、タ・プローム&タ・ケウ(遠望のみ)をハイキング上記はクバール・スピアンの涅槃仏で、川底に横たわっています。これより何倍も大きいものが、三大聖山のひとつ「プノン・クーレン」にもあります。ここは渓流遺跡が有名で、リンガ、ヨニ、などの遺跡が川の下に眠っています。

上記はバンテアイ・スレイでの1枚です。ここは東洋のモナリザで知られており、中央部の壁面彫刻がそれです。遺跡保護のため近づいて見ることはできませんが、精一杯のズームで撮影に成功!記念に残る貴重な写真となりました。

ガジュマルの根が遺跡を包み込む「タ・プローム」。各旅行会社や政府観光局のパンフレットによく登場します。見ごたえは十分ありますが、この木は成長が早く、刻一刻と遺跡を蝕んでいるようです。ここも修復作業が行われており、立入禁止区域がありました。

タ・プローム…悠久の歴史を感じます。

10日は郊外へ足を延ばして、一般観光客の少ないプノン・クーレン、ベン・メリアをハイキング街から外れると、地雷が埋まっている地域が多くあるため、信頼のできるガイドさんが必要とのこと。もちろん、観光地化されている箇所は問題ありませんので、ご安心下さい!

「ベン・メリア」は、ジャングルの中にひっそりと佇む赴きある遺跡です。修復が行われておらず、崩壊が進む場所ですが、個人的にはかなり気に入りました

夕方、少し時間が余ったので市民の台所、オールドマーケットへ足を運びました。日本の市場とはかなり趣を異にする雰囲気で、活気があり大変賑やかでした。参加されたお客様も、毎食のお食事やレストランでのディナーはご満足いただけたようです!

何にせよ、カンボジアは色々な意味でかなり刺激的な国でした…。

現地ガイドさんも、3度連続でりんゆうツアーを受け持ってくれている方で、「歩くツアー」ということをよく理解して下さっています。距離、時間ともに通常の観光ツアーの2倍は歩きます!!日によって歩行距離、時間は異なりますが、ガイドさんの説明を聞きながら1日5〜10km、約4〜5時間くらいです。

国外に出てその国の文化や歴史を体感すること、国外から日本を見つめ直すことは、とても重要なことだと感じました。百聞は一見にしかず…そのことが、今回のツアーでよ〜くわかりました。貴重な経験となりましたので、今後に活かしていきたいと思います。

2010年12月14日 旅行業:本間 みゆき




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED