メインコンテンツ
リンクメニュー
個別のブログへ
サイト内検索

おすすめ














りんゆうブログ - 勧財カテゴリのエントリ

フルートとピアノの夕べ

カテゴリ : 
勧財
執筆 : 
sasaki 2014-10-18 11:26

 

10月16日(木)札幌 りんゆうホールにて、

10月17日(金)上川 かみんぐホールにて、

フルートに細川順三氏

ピアノに植田克己氏 をおむかえして

フルートとピアノの夕べ を開催いたしました。

 

アンコールを含めて8曲、スタッフも一緒に聴き入りました。

「この曲もフルートとピアノで?!」と意外なものもあり、

たのしいお二人の協演となりました。

 

雨が降る秋の夜になりましたが、札幌会場、上川会場とも約80名のお客さまにご来場いただきました。

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

勧財 S

 

 

 

 

10月4日と5日にケーズデンキ月寒ドームで開催された「HTBイチオシ!まつり」に

なっきーも参加しました。北海道のスキー場をアピールするため営業に一役買いました。

なっきーは他のスキー場の仲間にも会えうれしい2日間でした。

来月1〜3日には「LOVE SNOW HOKKAIDO」のイベントがサッポロファクトリーで

行われます。ぜひなっきーに会いに遊びに来てくださいね!!

 

藻岩山子ども樹木博士

カテゴリ : 
勧財
執筆 : 
sasaki 2014-8-2 17:58

 

今年も 夏休みがやってまいりました。

夏をどうやって楽しむ? 自由研究は何しよっか?  そんな方には・・・

藻岩山子ども樹木博士!!

毎年8月におこなっているこのイベントも今日で9回目となりました。

 

今日は札幌の最高気温32℃!の予報

朝から暑さを予感させる晴天のなか、まずは準備体操からスタートです。

 

森林インストラクターの説明をまじえて、木々を観察しながら藻岩山山頂まで登りました。

緑のトンネルの中とはいえ、今日は本当に暑かった

ちょっぴりくたびれたけど、みんな元気に登りきりました!

 

午後は、覚えた樹木をテストしました。

いくつ答えられたかな?

覚えた木の数によって「子ども樹木博士」に認定しちゃいます。

ただ今採点中。参加した子は楽しみに待っててね。

 

勧財 S

 

5月31日は藻岩山の日

カテゴリ : 
勧財
執筆 : 
moiwa 2014-6-3 11:29

 

札幌市民におなじみの藻岩山の標高は、

531m!!

それにちなみ5月31日『藻岩山の日』なのです

 

りんゆう観光でも藻岩山の日に藻岩山に登ろうということで

『新緑の藻岩山森林ハイキング』を行いました。

慈啓会登山口を出発し、森林インストラクターによる樹木の説明を聞きながら

ゆっくりと山頂を目指します

当日は、天気にも恵まれ、とても暑かったのですが、木々が青々していて

さわやかな初夏の香りがしました。

 

今後もこういった藻岩山ハイキングを開催しますので

樹木に関心がある方!!藻岩山が好きな方!!

あなたの参加をお待ちしています

 

M.O

 

 

3月28日、札幌京王プラザホテルにて、「ソチオリンピック日本代表選手の健闘を祝う会」が行われ、ジャンプの葛西選手や高梨沙羅選手など選手8名とコーチ、監督が出席されました。

りんゆう観光も社長はじめ6名がお祝いに駆けつけました。

なごやかに写真撮影などにも応じてくださり、メダルを間近で見ることもできました。

りんゆう観光は、高梨沙羅選手とオリンピック代表選手を応援しています!!

   りんゆう観光 一同

 

高梨沙羅さんの応援垂れ幕あげました!!

カテゴリ : 
勧財
執筆 : 
sakura 2014-1-17 9:44

上川町出身の女子スキージャンプ代表高梨沙羅さんの

ソチ冬季五輪を応援する垂れ幕を本社(札幌)にあげました。

高梨さんの活躍を全社員で応援したいと思います。

 

 

紅葉のもいわ山森林観察登山

カテゴリ : 
勧財
執筆 : 
sasaki 2013-10-20 16:00

 

大雪山 黒岳からは雪の便りも聞こえてきますが・・・

今日は、今が盛りの札幌藻岩山の紅葉のなかを歩いてきました!!

 

上の写真に写っているのはなんだかお分かりになりますか?

登山道の途中に突如出現する天然のブランコ!

のようですが、こくわのつるです(乗ってはいけません)。

今日の「紅葉のもいわ山森林観察登山」のイベントでは、

慈啓会登山口から標高531メートルの藻岩山山頂までゆっくりと歩きながら

30種類あまりの樹木を観察しました。

 

こちらは山ブドウ 

大きな葉の間にブドウの実がたわわになっていました。

登山道からは離れていて味見はできませんでしたが、山の動物たちのためにとっておきましょう

 

秋の山のなかは本当にいい香りがします。

黄色く色づいたかつらからは甘く香ばしい匂い、

踏みしめる足元の落ち葉からの匂い・・・

 

同じ木々でも春や夏とはちがった様相です。

今日はあいにくの曇天でしたが、葉の赤や黄色は目に鮮やかでした。

 

ご参加くださった方は全員登頂!お疲れさまでした

 

勧財 S

 

 

本日10月17日(木)から、りんゆう観光本社3階 りんゆうホールにて

アート書道家 岩上真弓さんによる

アート書道作品展 「人間のあったかいトコ。」 が開かれています。

 

ちょっとのぞいてみました。

さまざまな形に自由に表現された文字、文字、文字・・・

 

「あぁ、この漢字が表しているのって、こういう気持ち、こういう力なんだ」

と ハッとさせられる連続です。

 

作品展では岩上真弓さんの作品のほか、生徒さんの作品をみることができます。

こちらは小さな生徒さんたちの作品 

作品と作品についているコメントに、思わず笑みがこぼれました。

 

それから、大人の生徒さんの作品も。

 

おなじ漢字を描いていても、一つひとつ形がちがいます。

文字の周りの飾りにも力が入ってます

 

なんだか私も、自由に文字を書いてみたくなりました。

 

会場には岩上さんご本人もいらっしゃり、お話を聞くこともできますよ。

また、10月19日(土)14:00からは岩上真弓さんによるアート書道パフォーマンスと

ワークショップが開かれます!(参加費1,000円)

 

 

アート書道の絵はがきなども会場で販売されています。

 

作品展は10月20日(日)まで

会場はりんゆうホール(札幌市東区北9条東2丁目 蠅蠅鵑罎Υ儻3階)です。

開催時間は、

10月17日(木)〜18日(金)は10:00〜18:00、

10月19日(土)は10:00〜12:00

10月20日(日)は10:00〜15:00

です。

 

ぜひご来場ください。

 

 

樹木博士になれたかな?

カテゴリ : 
勧財
執筆 : 
sasaki 2013-8-3 17:48

 

夏休みまっ盛り!!

というわけで、今日は藻岩山を舞台に

第8回 藻岩山子ども樹木博士 を実施しました。

 

8回目となるこの行事、「藻岩山を登りながら身近な木々を覚えよう!」というものです。

朝10時、慈啓会登山口から元気にスタートしました。

 

大都会のなかとは思えない原始林のなか、

木の先生の説明を聞きながら

山頂まで31本の樹木を観察していきます。

 

途中、朽ちた木の上にはこ〜んな生き物もいましたよ

クワガタです。観察したら、森に帰してあげましょうね〜

 

リフト跡でちょっと休憩

 

観察は葉っぱもよーく見て

 

お昼ご飯のあとに、藻岩山のふもとでテストを行いました。

学校のテストとはちがうよ

 

葉の形、幹の樹皮の感じ、実がついてるか・・・

今日学んだいろんなことを駆使して

17本の木の名前を解答用紙に書いていきます。

 

結果は後日、参加された方に樹木博士認定証をお送りしますね。

今日覚えきれなくっても、公園や山で見かける樹木ばかりですので

これからも観察してみてくださいね。

 

それではまだまだいい夏休みを!!

 

勧財 S

新緑の藻岩山森林ハイキング

カテゴリ : 
勧財
執筆 : 
sasaki 2013-6-5 12:29

 

藻岩山の標高531メートルにあわせて、

毎年531日は「藻岩山の日」とされています。

 そこで、りんゆう観光でも、531日に

春の藻岩山を樹木観察しながら歩く

「新緑の藻岩山森林ハイキング」を実施しました!

 

当日の天候は晴れ!

今年の冬は特に雪深かったのですが

藻岩山にもちゃんとが訪れていました。

期待どおり鮮やかな緑のなか

藻岩山慈恵会登山口をスタートです。

 

山頂まで、登山道沿いの31本の木を

森林インストラクターが解説、

ご参加の皆さんも耳を傾けます。

背の高い木は見上げないと葉っぱがみえません

 

リフト跡、馬の背を越えて…

標高が上がるにつれ、木の種類も変わってきます。

 

足元に咲く花々も皆さん楽しまれていました。

 

札幌の皆さんにはなじみの深い藻岩山を

じっくりと観察しながらゆったり登るのもまた格別です。

 

これからも、季節に合わせた藻岩山ハイクを計画していますので

ぜひご参加ください!

 

勧財 S




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED