メインコンテンツ
リンクメニュー
個別のブログへ
サイト内検索

おすすめ














りんゆうブログ - ツアーレビューカテゴリのエントリ

ようやく春らしくなってきた北海道!と思ったら、何だか不安定な天気が続いていますね…。

そんな北の地を抜け出して、先日、四国の「日本百名山」石鎚山と剣山へ行って来ました。

4日間とも最高の天気に恵まれ、ご参加の皆さまも終始ニコニコでした(#^.^#)

今回は、久しぶりに土小屋から成就社までの縦走コースで、標高差も少なく大好評!

アケボノツツジが見ごろを迎えており、青空とともにパチリ!何とも画になります。

緩やかに標高を上げていくので、体力的にもさほどキツくありません。

第二ベンチからはこれから登る石鎚山の雄姿がどどーんと出迎えてくれました。

二の鎖小屋(避難小屋)も昨年改築されて、お手洗いも綺麗になりました!

ここまで来ると、天狗岳の荒々しい姿がご覧のように見え、迫力満点です(^○^)

下山は登りとは違うコースを辿り、新緑真っ盛りの成就社コースを歩きます。

ブナ、シロモジ、ミズナラなどの木々が色鮮やかな葉をつけており、癒されました♪♪

翌日は剣山へ移動し、往復リフトを使って山頂を目指します。二百名山の三嶺の後方に

見える石鎚山は、春では珍しく空気が澄んでおりハッキリと確認できました☆

山頂から360度の大パノラマを堪能し、下山は御神水を汲んで周遊する形で下山します。

石鎚山とは対照的な女性らしい山で、日帰りハイキングの方で賑わっていました〜。

国内ツアーは、個人では行きにくい山や、縦走コースも含め多数企画しております。

満席のツアーも出てきていますので、ご検討の方はお早めにご連絡下さいませ!!

旅行業:myk

朝里天狗岳登頂と海の幸ランチ

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
info 2017-5-23 8:26

 

新緑の気持ち良い季節がやってきました!

5月18日に催行された朝里天狗岳はりんゆうツアー初企画のお山で、近年ガイドブックにも登場しております。

朝里天狗岳は低山ながらも、山頂は岩場で天望良好です!

山頂から10分程足を延ばした展望台では、日本海と朝里ダム(オタルナイ湖)を眼下に望む事が出来ます。

雪解け時期なので渡渉の水量が思ったより多かったですが、ツアーリーダーの補助で特に問題なく渡れました。

沢沿いにはエゾノリュウキンカ(ヤチブキ)の群生なども見る事ができ、春の花を堪能しました。

ツアー終了後には、小樽運河沿いで海鮮ひつまぶし丼!

ボリューム満点の海の幸ランチを満喫する事ができました。

次のランチ付きツアーは、6月6日(火)新得山縦走トレッキングです!

お昼のランチは新得町の有名店、みなとやさんの「アベック丼」を予定しております。

催行間近となっておりますので、ぜひ皆様のお申込みをお待ちしております。

 

橋本

小樽&倶知安フットパス

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
sakura 2017-5-11 9:09

春のお花見してきました!カタクリ・エゾエンゴサク・エゾノリュウキンカ・エゾヤマサクラなどなど

余市は暑いくらいの陽気なのに峠を越えるとまだまだ雪が残る羊蹄山からの吹き降ろしで

冷蔵庫のような冷たい空気の倶知安でした。

そのおかげでお花✿もばっちり

楽しい一日でした。これで春が来たね♪とお客様も大満足のツアーでした。

次のおすすめは6/1 礼文華山道ですね〜。秘境駅小幌と小幌洞窟を訪れます。

お申込みお待ちしております!!

 

満開の桜並木の中を散策してきました。エゾヤマサクラはピンクが濃くとってもきれいでした!!

朝は雨でどうなるかと思いましたが、さーっと雲が抜け清々しい空気の中を歩くことが出来ました。

先人が3年かけて植えたいう桜をたっぷり楽しむことが出来ました。感謝。

日高らしく車窓からは生まれて間もない馬を何頭も見ることが出来て、仔馬が母馬によりそう感じが

とてもほほえましい光景でした。

オオバナノエンレイソウも大輪を咲かせていて、花・花・花の一日でした。

フットパスで心も体もリフレッシュ♪

まだまだツアーはこれからです。お申込みお待ちしております。

 

まだ少し肌寒い北海道を抜け出して、熊野古道の伊勢路を歩いてきました。

"伊勢路"は伊勢神宮から熊野三山まで詣でる為に通る"祈りの道"です。いくつもの険しい峠を越えて行きます。

当日は雨予報の中でしたが、まったく降られず、お天気の神様に恵まれた山旅となりました。

今回の山の始まりは「西国一の難所」と恐れられた八鬼山(ヤキヤマ)越えです。

伊勢路は「紀伊山地の霊場と参詣道」として、2004年にユネスコ世界遺産されていますが、

地権者の世界遺産登録反対の抗議文(落書き?)が道沿いで見られます。

翌日は伊勢路の中でも人気のコース、馬越峠(まごせとうげ)を歩きます。

伊勢路で一番美しいと言われている石畳の道を進んでいきます。

昔はいつ死んでも良いよう白装束を身にまとって、時には命がけで歩いた道だったそうです。

石畳にモチツツジの花が彩りを添えて、情緒溢れる素敵な歴史道ウォーキングでした。

 

橋本

 

春爛漫の九州3県(福岡・佐賀・大分)へ行って来ました=3=3

英彦山、黒髪山の2つの名峰と観光たっぷり満喫ツアーのご報告をいたします♪♪

バッチリ天候に恵まれ、また、本来ですとやや終わりかけの桜の木も、今年は

例年より一週間遅れているとのことで、まだまだ見ごたえがありました(^_-)

初日は福岡空港に移動してぶらっと大濠公園と西公園を散策しました。とりわけ

西公園と舞鶴公園の周辺は桜が満開に近いくらいで目を楽しませてくれました☆

英彦山では、まず奉幣殿をぬけて下社、中社、上社とぐんぐん登っていきます。

数日前に降った雨の影響か、光に苔が輝いてとても美しかったです!

石畳や不安定な石など、多少足場の悪い箇所もありますが、慎重に歩けば大丈夫!

上の写真は南岳山頂直下より望む、中岳(英彦山神社)の雄姿です。この後、

北岳山頂を経由し、高住神社へと下ります。途中には春を待ちわびた草花たちが(#^.^#)

標高を下げ、バリエーションルートとなる望雲台を過ぎればゴールは目前です。

下山後は、少し足を伸ばして耶馬溪を訪れて軽ハイキング。マイナスイオンたっぷり♪

翌日は焼き物のまち、有田をぬけて黒髪山を目指します。名前から色々な伝説が

残るようですが、登山道は快適で清々しい森の中のトレッキングコースとなっています。

山麓の歩きやすい道とは裏腹に上部は岩峰群が突出した面白い光景に一同ビックリ!

変化に富んでいて、飽きないルートで、山頂直下は天童岩という大岩峰をよじ登ります。

誰も落ちていないか確認して(笑)ゆっくり安全に下山開始です。

中腹から下は照葉樹の落葉が絨毯のように広がり、足にやさしい道となっていますが、

雨の日は意外に滑りそう…。広葉樹も少なからずあるので秋も楽しめそうです!(^^)!

満席となった今回のツアーですが、ご好評につき、また次シーズンも企画しようと

思っていますので、ぜひ投稿を見て行きたくなった方は、来年ご一緒しましょう!!

残席わずかなツアーも多数ありますので、集客はホームページでご確認の上、

ご検討の場合はお早目のお申込みをお待ち申し上げております!!!

旅行業:myk

りんゆうNEWS特集号出来ました!

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
info 2017-3-15 17:38

 

札幌は道路の雪も解け始め、そろそろ夏山の事を考える時期になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ついにりんゆうNEWS特集号が完成しました!

今週の初めごろには皆様のお手元に届いているかと思いますが、

まだ届いてないという方がいらっしゃいましたら、お送りいたしますので、大至急ご連絡ください!

皆様のお陰で、さっそく満席になっているツアーもちらほら出てきております。

たくさんのお申込み、誠にありがとうございます。

スノーシューツアーも終盤戦、まだまだたっぷり雪が残っている黒岳へ行ってきました。

ロープウェイ+リフトで一気に七合目まで登って10分程登り、

あとは五合目までは下りのみという、登りが嫌いな方にはうってつけの行程です。

傾斜はそこそこありますが、このダケカンバの疎林をジグをきって登っていきます。

10分程登ると、展望の良い尾根に到着です。

この日は風も穏やかで、たくさんのスキーヤー、ボーダーが山頂を目指していました。

写真では分かりづらいですが、山頂からたくさんのシュプールがついています。

写真正面はコマクサ平方面で、夏には見る事の出来ない風景です。

展望の良い尾根歩きを楽しんだら、森の中へ突入!

ダケカンバやトドマツ、エゾマツなどの針広混交林が広がっています。

帰りは、『黒岳資料館』にある、大雪山の空撮写真で歩いたルートのおさらいです。

 

いよいよスノーシューツアーも残りは『姿見の池』を残すのみとなりましたが、現在は満席となっております。

気持ちを夏山へ切り替えて、ぜひ夏のツアーのお申込みをお待ちしております!

 

橋本

 

 

暖かい日が続いていますが、油断禁物!皆様インフルエンザなどに負けていませんか?

適度に体を動かして、新鮮な空気を摂り込んでいれば、風邪など引きません!!

スノーシューツアー、好調ですよ〜(@^^)/~~~上の画像は3/11に企画している、

「大雪山・黒岳七〜五合目スノーシュー」のひとコマです。雄大な北海道の屋根、

大雪山の黒岳を歩きながら、対岸には層雲峡峡谷を挟んでニセイカウシュッペの雄姿☆

まだ残席ありますので、スケジュールが空いている方はぜひご参加下さいませ!!

旅行業:myk

今年の七条大滝は・・・すごい!?

カテゴリ : 
ツアーレビュー
執筆 : 
info 2017-1-31 17:47

今週末の2月4日(土)に催行が決定している七条大滝の下見をしてきました!

今年は新聞やメディアに取りも取り上げられ、最近注目度が高まっているおすすめスポットです。

殆ど起伏のない道を歩くので、冬の運動不足解消にも最適なオススメツアーですよ♪

ちなみに、上の写真は去年の七条大滝の写真です。

こちらは2月の写真ですが、全然結氷していないのが一目瞭然です!

こんな立派な氷瀑が見られるのも次はいつか分かりませんよ!

まだ残席がございますので、ご予定の無い方はぜひツアーのご参加、お待ちしております。

橋本

 

寒い寒い北海道を抜け出して、いざ南の島へ!と思ったのですが、最高気温16〜17℃と

少々肌寒かった(例年ですと23℃くらいあるそう)久米島ツアーの報告をさせていただきます!

雨には当たらなかったですが、終始曇天で、時折顔を出す晴れ間めがけて撮影した久米島の

空撮です。上記の滑走路は久米島空港です。一周約48kmの島ですが、県内では5番目に

大きいそうです。今回は第10回とのことで、全国各地より沢山の方が見えられていました♪♪

島内ウォークならではの「ビーチウォーク」で砂浜を歩いたり、、、

アーラ林道の途中では、今が見頃の「寒緋桜」が数株花をつけていました!(^^)!

久米島町のゆるキャラ「く〜みん」も、開会式で参加者と一緒にラジオ体操〜!!

ゼッケンにはく〜みんだけに、歩行距離「93m」と書いてありました(笑)

町をあげてこのイベントを盛り上げようという、関係方々の熱い想いが伝わってきました。

最終日の半日観光は、島といえばこの人!なツアーリーダーが皆様をご案内し、

歩き&観光と大満足なツアーで、大変充実した4日間となりました(@^^)/~~~

午前中なのに青空がないせいか、日暮れ時のような幻想的な世界に包まれる。。。

島内随一の景勝地、「比屋定バンタ(崖の意)」より慶良間諸島を望む

最後は子宝に恵まれるという「ミーフガー」を訪れました

 

ようやくパシッとした青空に恵まれた最終日、機内から青い海を眺めることができました!

この後、那覇、羽田と乗り継いで氷点下の北海道へ…気温差なんと25℃(@_@;)

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!!

そして、くれぐれも体調崩されませんように…またのご参加お待ちしております。

旅行業:myk




| 企業概要 | 求人案内 | 安全報告書 | サイトマップ | プライバシーポリシー |

株式会社りんゆう観光 COPYRIGHT(C) 2010 RINYU KANKO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED